リリカを飲む際の注意点

リリカを服用する時の注意点

リリカは日本では2010年から販売されている神経障害性の痛みに効果のある鎮痛剤です。

 

注意点として効き目が表れるまでが早く、副作用はやや多いですが高い効果を持った薬です。また、比較的腎臓への負担が少ないのも特徴です。とはいえ、注意点をきちんと考えて飲む必要のある薬です。高い効き目を生かすためにも注意点はきちんと守っていきましょう。

 

リリカの作用機序

痛みが長期間続く状態を「疼痛」と言います。神経に問題があると、この疼痛が頻繁に起こるようになります。

 

神経細胞にはカルシウムを受け入れる為の器官(カルシウムチャネル)というものがあります。疼痛が発生している時はこのカルシウムチャネルを通してカルシウムがどんどん神経細胞内に流入してきている状態となります。こうなると神経細胞が過剰な興奮状態に陥って、神経伝達物質が大量に放出されることになります。

 

この神経伝達物質には痛みを司る物質も含まれている為、痛みを引き起こします。このようにして神経障害性疼痛は発生します。

 

これを防ぐためにはカルシウムチャネルをふさいでしまうことでカルシウムの流入を防げばいいのです。リリカはカルシウムチャネルにカルシウム流入を阻害することで神経性疼痛を緩和します。

 

リリカを飲む際の注意点


リリカにどうして神経性疼痛を和らげる作用があるのかわかったと思います。

 

しかし、リリカはどんな状態であっても注意点を気にせず使っていいものではないです。ここからは「こんな人はリリカを飲むときに気をつける」といった注意点について解説します。

リリカを服用してはいけない場合

以前リリカを服用してアレルギー症状が出た方

注意点ですが、かつてリリカを飲んでアレルギー症状が出てしまったことのある方は飲まないようにして下さい。「前は症状が軽かったからあのくらい大丈夫」と思われるかもしれませんが、アレルギー症状は基本的に1回目よりも2回目、2回目よりも3回目の方が症状がきつくなります。

 

前に大丈夫だったからと言って今回も大丈夫とは限りません。アナフィラキシーショックは呼吸停止などの命に関わる症状が出てしまうこともありますので、服用は控えましょう。

 

リリカの服用時に注意しなければならない場合

高齢者


一部の臓器が弱っていなくとも高齢者は体全体の機能が弱まっていることが多いです。その為、薬を体外に排出する力も弱く副作用リスクが高まる傾向にあります。
また、めまいを起こして転倒すると怪我をしてしまう危険が高いですので、家族は歩行の際に付き添うなどのケアが必要です。

 

重度のうっ血性心不全の患者

機序ははっきりとはわかっていませんが、心血管障害を持っている患者さんはうっ血性心不全を発症するという副作用があります。既にこの病気を持っている患者さんは更に発症リスクが高くなるので注意してください。

 

血管浮腫の既往がある患者

血管浮腫が起こるという副作用を持っていますので、元々血管浮腫を持っている患者さんは更に発症の可能性が上がりますので、その点を注意しましょう。

 

腎機能障害のある患者

主に腎臓が働くことで薬を体外に排出するため、腎機能が弱っていると薬の体内残留時間が伸びる傾向にあります。そうなると副作用の時間・強度が高くなりますので服用量に注意しましょう。

 

妊婦


医師が危険性よりも治療効果が上回るという判断をした時以外は服用を控えた方がいいでしょう。

 

今のところ使用例が多くない為に、妊娠中に飲んだ際のリスクがどの程度になるのかがはっきりわかっていないところがあります。

 

小児

妊婦と同じように小さなお子さんの場合も、安全度がどのくらいなのかがはっきりわかっていません。医師がどうしても必要と判断したのでなければ飲まないでしょう。

 

リリカの服用方法に関する注意点

 

長期服用はしない

長期間服用することにより体重増加の傾向がありますので、症状があらわれていないのに漫然と飲み続けるのはやめましょう。

 

大量服用はしない

判明している副作用はあくまでも、用量を守った場合の物です。提示された用量以上飲んだ場合にはどんな副作用が起こるかはわかりません。絶対にやめましょう。

 

車・機械の運転前には服用しない

めまいや眠気の副作用が比較的起こりやすい薬です。車や機械を運転する前飲まないようにしてください。

 

リリカの副作用と相互作用に関する注意点

こういった人はリリカを飲むときに注意点に気をつける、こんな飲み方をしてはいけないといった解説を行いました。

 

しかし、こういった注意点を厳守しても副作用は出てしまいます。なので、事前にどのような副作用が出るかを把握しておけば解決しやすいです。加えてリリカ単品での服用で発生しなかったリスクも、他の薬との併用で起こることも重要な注意点です。

 

この2点を説明していこうと思います。

 

リリカの副作用

リリカは比較的副作用が発生しやすい薬です。

 

なかでも頻繁に出るものは

 

めまい、眠気

 

が主なもので、低確率ではありますが意識を失ったり、不眠症といった症状も出たりします。

 

めまい、眠気は車の運転中に出ると危険ですので特に注意しましょう。

 

リリカの相互作用について

相互作用とはお互いの薬の効き目を変えてしまうものです。

 

処方される薬の量は単独服用を前提に決めています。もしも、効果が倍になるような組み合わせがあればそのまま飲んでしまうのは危険です。

 

反対にお互いの効果を減衰してしまうようなパターンも想定した効き目を得られませんので相性が悪いと言えるでしょう。

 

リリカはこんな効果を持った薬


ビリビリと痛んだりジンジンと焼けるように痛む神経が原因となる痛みに対して、リリカという鎮静剤があります。主に、帯状疱疹の後遺症や糖尿病性神経障害などの神経性のしびれや痛みに対して処方される薬です。なかでも、神経障害性疼痛や線維筋痛症にも保険適用が可能です。

 

また、リリカは不安障害への効果もあります。心理的なものを原因として起こる痛みや原因が明確に判断されない痛みにもリリカが使用されます。しかし、こちらはまだ保険適用には至ってなく自己負担になってしまうため注意が必要です。そして、椎間板ヘルニアのようにさまざまな痛みが絡み合っている場合は、ロキソニンやボルタレン等他の薬と併用して服用する場合もあります。

 

しかし、注意点はリリカには副作用があることを忘れてはいけません。大きな注意点、めまいやふらつき、眠気です。最初は少量を摂取して継続して服用するにつれ、副作用は弱まってきますが初期の段階でめまいやふらつき、眠気を感じたら注意が必要です。注意点ですが、場合によっては、心不全や腎不全を引き起こしている可能性もあります。注意点ですが人によって、神経の痛みやどのような時に痛みを感じるかが違ってきます。まずは、そのことを、医師に相談し正しい薬を処方してもらうことが大切だと言えます。

 
http://www.modaepidemic.com/ http://www.libertyontrial.com/ http://gabon-lapressecrite.net/ http://j-soubi.com/